ダニとノミの違いってわかる?

「さよならダニー」でペットのノミの駆除も可能なのか?

人やペットの生き血を吸う厄介な害虫ダニやノミ
さらに感染症まで引き起こすというとちょっと怖いですね。

今回は、ダニ捕獲でNo1の実績のある「さよならダニー」でノミの捕獲が可能なのか徹底調査してみました。

ダニとノミの違いってわかる?

ダニもノミも人々の衛生環境が良くなったために一時期はその姿が見られなくなったと思いきやこの小さな害虫たちは我々の生活環境の中でぬくぬくと生き続けています。

ダニはカーペットに住み着いたりノミは猫や犬などの体毛の中でぬくぬくと生活しているんです。

そこで、まずここでは家に住み着いているダニ(ツメダニ)とノミ
この2つの害虫ノミとダニの違いを生態や特徴、そして刺されたときの痕や症状について区別してみたいと思います。

ダニの生態や特徴、刺されたときの痕や症状

ダニ(ツメダニ)の特徴はまず、小さくて肉眼では見えないということです。
その大きさは1mm以下

そしてこの見えないということをいいことに
ダニ(ツメダニ)は住宅の中で特にベッドや、じゅうたん、畳の間に住み着いています。
また、ぬいぐるみ、ソファなどにも。

そしてダニ(ツメダニ)の厄介なところは、この小ささで
よく朝起きたら手足や体の一部が何か虫に刺されたように赤くなっている。

これはダニ(ツメダニ)の仕業です。

ダニ(ツメダニ)は動きは遅いのですが、小さくて見えないことをいいことに
夜、布団やベッドの中に潜んで人を刺します。

家中のありとあらゆる所にこの見えないダニ(ツメダニ)が住んでいると思うとちょっとぞっとしますね。

ノミ生態や特徴、刺されたときの痕や症状

ダニ(ツメダニ)に比べるとノミは体の色が茶褐色で大きさも2~3㎜と大きく目に見えるのが特徴です。しかも、ノミは動きが素早く大きく跳ねるのが特徴でなかなか捕まえにくいというの特徴があります。
生態は主に家の中に棲むペットであるネコやイヌに寄生して人を刺します。
そしてノミ刺咬症やノミアレルギー性皮膚炎などの皮膚疾患を引き起こすことがあります

ノミとダニどっちに刺されたか分からない!?ということありませんか?噛まれた痕からノミかダニか判別できるのでしょうか?

テレビCMで話題 「さよなら ダニー」ノミ対策にも有効か?

3D構造でダニを生きたまま捕獲という「さよならダニー」はノミも捕獲できるのでしょうか?

3D構造の特殊シートでダニを生きたままどんどん捕獲する
「さよならダニー」は動きの遅いダニを3次元・ダニ捕獲シートでからめて捕獲するという方法をとっています。

楽天の殺虫剤部門で1位と売れ筋で特許申請中の「さよなら ダニー」ですが動きの早いノミには向いていないようです。

「さよなら ダニー」はノミ捕獲には向いていない

「さよなら ダニー」はダニ退治、ダニ 駆除用の
ダニ捕りシート、ダニシート、ダニ取りシート、ダニ捕りマットなどと呼ばれるカテゴリーに属する駆除商品です。

動きの早いノミには向いていないようです。

では、ノミの対策には何が向いているのでしょうか?

ノミは主に犬や猫に寄生している害虫です。

ノミ駆除対策については「さよなら ダニー」のような待ち伏せ型でからめとる方法ではなく屋内外にで化学的な方法で防除することが有効となります。

ノミ用の捕獲商品がある

ペットについたノミでお困りならば「さよなら ダニー」ではなく
ノミにも使える捕獲商品があります。

ダニ捕りパックブラックホール

ヤフーショッピング3位(ノミ・ダニ駆除剤部門

ママのための置くだけ簡単ダニシート ・

楽天ランキング1位(ノミ・ダニ対策用品部門)

などがノミにも効くおすすめ商品です。